スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)

当落結果メール誤配送で波乱の神戸マラソン

2011-07-01
本日お昼に神戸マラソン当落結果が発表されました。
公式サイトによると、応募者全員に抽選結果を記したメールを配信したそうです。

が、私ホイミンのメールアドレスには当落結果のお知らせメールは届いてません。
メールが来ないので、神戸マラソン公式サイトのトップページ右上にある「マイページ」から確認しました。

なんかトラブルがあったようで、本来落選した人にも当選メールが誤配信されるというミスがあったようです。
多分、一部の方の発送中に誤配信に気づいて、それ以降のメールは止められてしまったのだと思います。

ニュースにもなっていたので記事を紹介します。
 11月20日に神戸市で初めて開催される「神戸マラソン」の実行委員会は30日、インターネットで参加を申し込み抽選で落選した人のうち、5365人に誤って当選メールを送ったと発表した。


 受信者全員を当選とするが、参加者は予定の2万人から大幅に増えると予想され、実行委は「十分対応を考えたい」としている。

 実行委によると、当落の通知を委託した大阪市内の出版社が、この日昼に当選者2万2776人にメールを送信。続いて落選者にも当選メールを送ったという。受信者から「ホームページで確認すると落選になっている」と数百件の問い合わせがあり、ミスが発覚した。

 同マラソンでは、フル、クオーターの各マラソン(定員計2万人)に計7万7421人が応募。郵送による通知525人を含め、計2万8666人が当選になった。

 同社は5月にシステムを更新し、約7万件のテスト送信をしたが、不具合はなかったという。実行委は「参加者が増えることで、狭いコースや給水場所の警備などを練り直す必要がある」と説明している。

 一方、実行委は東日本大震災の被災地から応募した845人全員を当選にした、と発表した。

神戸マラソン大膨張、5千人に「当選」誤送信 : エトセトラ : スポーツ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

記事を見た感じだとメールの誤送信はシステムのトラブルではなくて、単純な人的ミスのような気がしますね。
しかし、当選メールを受け取った5365人全員も当選扱いにするって、なんだかずるいですw そこは謝罪だけにしておいてくれよとw

ちなみにホイミンは落選してました。チャリティー枠で応募したのだけど、選抜は東北地域以外は完全にコンピューターで決められているようですw

こういう大規模なマラソンだと追加抽選というのがあるんですね。
期限までに振込をしなかった当選者のかわりに、後日追加で一部の落選者に当選のお知らせが来る敗者復活戦のようなシステムです。
これが今回の神戸マラソンだと5000人というかなりの数のランナーが既に追加要員として増えてしまった波乱展開なので、追加抽選は望み薄かなと思ってしまいました。

私ホイミンは2011年2月の終わりに開催された東京マラソンに、実は追加当選して参加できたというミラクルな体験をしてきましたので、今回のことは非常に残念です。
追加当選を狙うなら、たとえば自己申告タイムを少し早めにしておけばよいかなとか、チャリティーゼッケンを購入する枠で応募しておけば選ばれやすいかなとか卑しい戦略を考えていたのですが、多分その努力も無駄になりそうです。

これで大阪マラソンも神戸マラソンも落ちてしまったし、今年は奈良マラソンだけになってしまうかも。
まあ、足の故障で練習不足気味なので、これでよかったのかもしれない。
冬までにはちゃんと体を作ってレースに挑まないとなー。
関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:
http://hoiminjog.blog.fc2.com/tb.php/23-4b5e9235
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。